« Windowsの設計に起因する攻撃手法「AtomBombing」、セキュリティ企業が発見 | トップページ | Windows Intune 内です べてのコンピュータを登録します »

2016年12月19日 (月)

Officeに関してはOSが64ビットであっても32ビット版をインストールするのがよいとされている

Officeに関してはOSが64ビットであっても32ビット版をインストールするのがよいとされている。 動作および互換性でマイクロソフトも32ビット版を推奨しているほどである。 どうしても64ビット版をインストールしたい場合はx64フォルダの中にあるsetupを実行することになる。 通常はディスクをセットするとインストールが自動実行される。 最初はまず英語版をインストールするところから始まる。 2010はいきなり日本語にすることができない。 最初にプロダクトキーを聞かれるのでこれはアマゾンから購入したパッケージの中に入っている中国語版のHome and Studentのキーを入力する。 ライセンス規約に同意のチェックをつけて進めよう。 インターネット回線によるものと電話回線によるものがある。 正規ユーザなのだが、言語が違うためかインターネットではできず電話認証を選ぶ。 Step 1で日本を選ぶとフリーダイヤルが表示されるのでそこに電話をする。 この場合は固定電話だけでなく携帯電話でもOKである。 Windows 8.1アップデート 日本語のメッセージにしたがってStep 2に表示されている数字を入力していく。 すべて入力すると、電話の向こうから数字が通知されるのでStep 3に入力していく。 どうせ電話で認証するんだからインターネットでもいいような気がするのだが・・・。 続いて、日本語パッケージをインストールする。 準備編で用意しておいたビット数に応じた日本語パックを起動させる。 これでOffice 2010 Home and Studentの日本語版インストール完了になる。 これを取り除くにはレジストリを操作しなければならない。 ライセンス認証されている場合はこのように表示される。 7800円で3台までこの2010をインストールして認証することができる。 ASUSのPC… 修理に返ってくるも、仕様通りでは無いので、返品に。 大会まで3日となり… (もう、明日で2日ですね…) 生徒会の定例会と議案書に基づいた決定会議みたいなものがあるのですが、お休みを頂いて、ワープロ部の方に専念するようにしています。  何を言ってもパソコンなどの機材の準備なども待っているのです。 今回は、PCなどは自分が担当するのですが、書見台やその他もろもろの物は担当してもらうことになっているので、少し肩の荷が降りた感じがします。 パソコンのセッティングに専念すればいいだけですからね。 リスト表を作って、忘れ物が無いか、徹底的にチェックが出来るように、今日、部活中にリスト表を作ってもらいました。 パソコンとしては、NEC Lavie (Windows 7 Core i7仕様&Office 2010)と、NEC Lavie Light (Windows XP)、ASUS (Windows 8)となってしまいました。   予備にWindows XP搭載のNEC VersaProを持っていくことになっています。 本来であれば、NEC Lavie・NEC Lavie Light・ASUS (Windows 8)2台という予定だったのですが…ASUSの1台がCPUファンの故障で修理に出ました。 それがもし… 学校向けなどに何台も発注して取引してあったらどうするのしょうか・・・考えられないですよね… とりあえず・・・ 交換されたPCですが、明日、セッティングにかかればなんとか出来ると思いますが、恐らく、メーカーとの話もあると思うので、今回の大会までには使うことができません。 今日は… 持っていくPCのセッティングをしました。 www.keygoodjp.com

« Windowsの設計に起因する攻撃手法「AtomBombing」、セキュリティ企業が発見 | トップページ | Windows Intune 内です べてのコンピュータを登録します »